1. ホーム
  2. 方法について
  3. ≫ネズミの駆除は毒餌で十分ですか?

ネズミの駆除は毒餌で十分ですか?

ネズミの毒餌の種類と注意点について

駆除剤が効いて倒れこむネズミ

ネズミを自分で駆除しようと思った時に「毒餌」という選択肢を選ぶ人は多いです。ですが、その毒餌にはいったいどのような成分が含まれそれを食べたネズミはすぐに死んでしまうのか?わからないことは多いと思うので、この記事ではそんな毒餌に関しての成分やそれを食べたネズミにはどのような効果があるのかという事を説明していきたいと思います。

クマリン系の毒餌

クマリンとは物質成分の事であり、「血液の抗凝固作用」があります。これがどういうことかというと、クマリンが含まれている毒餌をネズミが食べた場合、ネズミが少しの切り傷を負った場合には絶え間なく出血するのでそのまま出血死するということです。

クマリンには臭いや味がほとんどなく、ネズミ以外の大きな動物に関しても大量に摂取しなければ害はないペットが誤飲しても大丈夫な毒餌です。

リン系の毒餌

リンが含まれている毒餌をネズミが食べた場合、ネズミの胃酸とリンが化学反応を引き起こし「ホスフィン」と呼ばれる有毒ガスが発生しネズミは高確率で中毒死により死亡します。

リンはクマリンと比べ食した際の効果が早く効果的なのに対し人や動物が誤って食べてしまった場合にはネズミを同じようにホスフィンが体内に発生してしまうので最悪の事態を引き起こしてしまう可能性があるので危険です。

そもそもリン系の毒餌は市販ではあまり売っておらず、通販サイトや専門ショップなどの購入に限られます。ネズミの毒餌は上記のような出血を促進させる「累積毒剤」、毒による駆除を目的とした「急性毒剤」の二つに分かれています。

誤飲の安全性の目的としては「累積毒剤」を選択する人がとても多く、市販でも気軽に購入ができるという事なのですネズミの駆除に人気です。

毒性のある餌を使うということなので使用には大変注意して使用し、小さなお子さんやペットが食べてしまわないように、毒餌を仕掛けている範囲には近寄らせないという対策も安全のためには必要な事です。