ネズミ駆除の仕方には、どんなものがありますか?

自分でできる、ネズミ駆除の仕方とは

1匹見つかると、次々に出てくることも珍しくないネズミ。ネズミの被害でお困りの方に、ネズミ駆除の仕方を伝授します。

チーズをかじる二匹のネズミ

引き合い=ネズミ駆除ナビ|ねずみ駆除8,000円~&事前調査・ご相談無料 http://andgoodis.com/

ネズミの嗅覚を利用する

人間より嗅覚の多い動物は多いと言われていますが、ネズミも例外ではありません。ネズミは視力があまり良くないため、それを補うかのように嗅覚には非常に優れている動物です。

なので食べ物のにおいを嗅ぎつけるとすぐにやってきますが、逆に嫌いなにおいを感じるとネズミは近寄りません。ネズミはミントやハッカ、ユリの花のにおいを嫌う傾向があります。

ミントはアロマディフューザーを使って室内をミントの香りにすることができますし、ティッシュなどにミントのアロマを数滴垂らしたものを、ネズミの侵入口付近に置いておくといった方法もあります。

ユリの花も定期的に飾るようにするとよいでしょう。また、これらのものを準備するのが難しい場合は、ネズミ専用の忌避剤を購入するのもおすすめ。

忌避剤であれば遠くまでの噴射が可能なものもあるため、手の届きにくい場所への対策はもちろん、ネズミを発見した場合は直接噴射することで追い払うこともできます。

忌避剤は1度の噴射で効果が長持ちするという点もメリットと言えるでしょう。

罠をしかける

ネズミは警戒心が強い動物ですが、やはり食べ物の誘惑には勝てません。それを利用したのがネズミ捕りカゴです。奥のほうにエサなどを準備しておき、そのエサにつられてやってきたところをそのまま捕獲してしまおうというもの。

ネズミは人間の見えない場所で行動していることが多いため、このような捕りカゴは非常に重宝します。また、このような仕掛けにはバネ式タイプのものもあります。

カゴタイプはネズミを生きたまま捕獲するのに対し、バネ式は罠に引かかったネズミをその場ではさみ込むので、そのまま死んでしまうことも。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、しっかりと考慮したうえでこれらのアイテムをうまく活用するとよいでしょう。